会話を始める

ネットショップ連携用のインポート注文の仕組み

Printfulでは、連携するECサイトからの注文を処理する方法をいくつか備えています。この設定にアクセスするには、メニューからショップに移動し、ショップ内で[編集]をクリックし、[注文]タブをクリックすると注文のインポート設定が表示されます。デフォルトでは、次の設定が有効になっているはずです。

処理される注文を自動的に確認

連携しているショップからPrintfulに届く注文はすぐに処理され、製造が開始されます。(Printfulで支払いを設定済みの場合)

非同期アイテムのインポート

同期されていないアイテムもインポートする事ができるようになります。つまり、Printfulと連携し、既に沢山の商品を備えたショップを所有している場合、Printfulを使い始める前にすべてを同期するという面倒なプロセスを経る必要がなくなります。

同期されていない商品の注文が届くと、下書き注文として保存されます。注文の商品は同期が必要であるという通知メールを受け取り、Printfulでそれを同期し、注文の製造が開始され、次回から自動的に注文処理が行われるようになります。つまり、同期されていない注文が届くごとに徐々にすべての商品が同期されるようになります。

非同期注文における通知

こちらのチェックボックスでは、Eメール通知を有効にする事ができます。同期されていない注文についてPrintfulから連絡を受け取る事ができるように、この設定は有効にしておくことが推奨されます。商品を早く同期すれば、それだけ注文をより早く顧客に届けることができます。


手動による注文のインポート全体を有効にすることができます。インポートした注文を手動で確認することになります。この設定を有効にすると、すべての注文が下書きとして保存され、注文が処理される前に詳細を再確認または変更する事ができるようになります。

ファイルを選択 または、ファイルをドラッグ&ドロップ