会話を始める

色調整の免責事項

PrintfulのDTGプロセスでは、ほとんどの要望に応える事ができます。ただし、アートワークの色を選択するときは、実際の商品とコンピューターのモニターに表示される色と異なる場合があることに注意することが重要です。特定のカラープロファイルにモニターを調整した場合でも、最終的な実際の色に影響するさまざまな要因があります

このため、Printfulでは色の正確性を100%保証することはできません。考慮すべき要因は以下のとおりです:

  • 衣服に印刷する場合、布地の素材と衣服の色を考慮する必要があります。同じ明度でも、綿100%と布地の混紡で印刷した場合少し異なります。同様に、明るい色の衣服と暗い色の衣服に印刷した場合、同じ明度でも異なって見えます。
  • またPrintfulでは、色付きの衣服のプリントの下にあるベース層の下に白を印刷して、色が鮮やかに生地から目立つようにします。1つの衣服が同じ明度でも、ベースの下に白がある場合とない場合で印刷すると異なって見える場合があります。白または黒の衣服に印刷した場合、同じ明度がどのように異なるかをこちらの写真で確認できます。この写真の色でさえ、オリジナルのプリント商品とは異なって見えることに注意してください。これらの写真を参照することは、サンプル商品で色の見本を注文する代わりにはなりません。
  • 最も一般的な色空間の2つは、RGBとCMYKです。RGBの色域は広く(表現可能な色の範囲)、RGBで作成された印刷ファイルはpngファイルとして保存できます。一方、CMYKは、印刷時に使用される色空間であり、Printfulのプリンターは、送信された印刷ファイルをRGBからCMYKに自動的に変換し、この変換により色域が変更されます。そのため、CMYKカラースペース内でファイルを設計し保存する前にファイルをRGBに変換することをお勧めします。最も高い精度を得る為に、ファイルを正確にsRGB IEC61966-2.1のsRGBカラープロファイルに変換します。これにより、色が色域内に収まります。ほとんどの編集プログラムには、デフォルトとしてこのカラープロファイルがあります。
  • Printfulの色見本も同様にこちらからダウンロード可能です。

Printfulでは、サンプル商品で既製の色見本を注文することを推奨しています。見本を使用して、実際の商品に印刷したときに、どのRGB値が望む色を表現しているのかを確認する事ができます。サンプル注文についてはこちらをご確認ください。

ファイルを選択 または、ファイルをドラッグ&ドロップ